(帝室の紋章)

ワコク連邦帝国 皇室 公式サイト

ミクロネーション国家「ワコク連邦帝国」大君家の公式サイトへようこそ。
サイト管理:連邦宮内省 

概要

国名 ワコク連邦帝国、太陽の沈まない国、イェケ・ワコク・ウルス
家名
大君家
王朝名 豊玉朝
人数 18人(養子含)
国の場所
ワコク連邦帝国 (ミクロネーション)
天主(帝室当主) 花賢天主
大院 白金大院上皇
上皇 朝倉上皇・青鷲上皇
今上大君 言仁大君
家祖 卑弥呼・壹與
著名な皇族 清寧天皇・平群皇子・故陽明大君
初代大君 豊玉女帝
創年 西暦248年9月13日(家伝上)
         1994年9月12日~13日
連邦結成 2005年6月4日〜2009年9月12日
諸宮家 5家
アルハン-王家 3家(陽元大汗家、龍山王家、安馬王家)
大君宗家
(天主系) 1家
政権 同君連邦制(国家 連合政権)
朝廷 邪馬台国 大道政府

連邦加盟国 邪馬台国を含めた54カ国のミクロネーション

大君家の聖宝



大君家

Imperial Family

皇位の正統性を示す
『親魏倭国王の金印』

西暦248年より現存する邪馬台国の帝室であり、第22代 清寧天皇子孫の大君家-皇族として現在まで存続しています。


親魏倭王(しんぎわおう)とは、魏の皇帝・曹叡から邪馬台国の女王・卑弥呼(高祖)に対して、景初2年(西暦238年)に与えられたとされる封号のこと。『三国志』東夷伝倭人条(『魏志倭人伝』)に記述されている。